スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

死刑2人執行:加賀山死刑囚、悔いる短歌も

<毎日新聞 2013年12月12日>
 12日に刑を執行された加賀山領治死刑囚(63)は2011年に死刑廃止団体などが実施した「死刑囚表現展」に短編小説「昭和の子守唄」を応募。昨年の同展にも短歌5首を応募していた。
「現世では孝行できぬ身となりて 病みたる母に詫(わ)びるすべなし」と母を思う歌や、
「還暦を祝ってくれる人もなく 孤独な我に便りまい込む」と拘置所での孤独な生活ぶりを吐露する作品もあった。また
「一日を座禅で過ごす僧まねて 形だけでもにわか禅師に」と罪を悔い改めるために祈る姿もうかがわれた。【伊藤一郎】
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

死刑執行に強く抗議する

2013年12月12日の死刑執行に強く抗議します。
私は、日本政府に対して死刑執行の停止を、そして廃止を求めます。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ユニテ

Author:ユニテ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。