FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

<熊谷死刑囚>確定後「脱走企て武器作った」市民団体調査に

<毎日新聞 9月12日(木)>
政権交代後としては3回目となる死刑が12日執行された。

 熊谷徳久(くまがい・とくひさ)死刑囚(73)は2011年6月、前社民党党首の福島瑞穂参院議員と死刑廃止を求める市民団体「死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90」が全国の死刑囚を対象に行ったアンケート調査に回答を寄せ、拘置所内での様子をつづっていた。

 熊谷死刑囚は「自分は平成23年3月8日に脱走を企てて、武器を作り、牢番(ろうばん)を傷つけている人間」などと最高裁判決後に、拘置所からの脱走を図ったことがあると記載。同月下旬には、「運動所」で自殺を図って「懲罰」を受けたとも記していた。

 また、「寝る時は布団はなしで、毛布が3枚と、黒色の上下の、下が5ミリと上が1センチの黒色の布」と寝具について記し、1人で入っているとみられる「鎮静房」にいるとした上で、「自分がどうしてと言うと、お前は特別な人間であるから」と拘置所の職員に言われたとしていた。

 アンケートは社会の人々に伝えたいことなどを自由に記載するよう促していた。

 一方、04年5月、横浜市中区の自宅前で熊谷死刑囚に父親(当時77歳)を殺害された長男(59)は、死刑執行の知らせに「やっと終わった」と声を震わせた。

 長男は「何の面識も理由もなく父を殺した熊谷死刑囚の死刑は当然。判決が確定して執行まで時間がかかったが、遺族にはどうしようもない。中ぶらりの状態がたまらなかった」と振り返り、「82歳になるお袋が生きている間に決着がついてよかった。早く伝えたい」と述べた。【伊藤一郎、河津啓介】
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

死刑執行に強く抗議する

2013年9月12日に執行された死刑に対し強く抗議します。
私は、日本政府に対して死刑執行の停止を、そして廃止を求めます。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ユニテ

Author:ユニテ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。