スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

石巻3人殺傷、元少年「二つの気持ち」 最高裁判決

石巻3人殺傷:元少年の死刑確定へ 最高裁が上告棄却
<毎日新聞 - 2016年6月16日より無断転載>
宮城県石巻市で2010年2月、元交際相手の姉ら3人を殺傷したなどとして殺人罪などに問われた当時18歳の元少年(24)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は16日、死刑とした1、2審を支持し、元少年の上告を棄却した。裁判員裁判で少年事件に死刑が適用された唯一の事件で、小法廷は「事件当時18歳7カ月であり前科はないが、深い犯罪性に根ざした犯行で死刑を是認せざるを得ない」と述べた。市民らが少年だった被告に死刑を選択した判決が初めて確定する。

1審・仙台地裁の裁判員裁判判決は、元少年が凶器を事前に準備していたことなどから「周到な計画を立てた」と認定、2審・仙台高裁も支持した。弁護側は上告審で「元交際相手の少女の姉に警察に通報されたことで頭が真っ白になった」と計画性を否定。未熟さや生い立ちも考慮して死刑を回避するよう求めた。

これに対し、小法廷は「邪魔する者は殺害も辞さないと思い定めた」と指摘。元少年の暴力から少女を守ろうとした姉や友人女性を次々に刺した行為を批判し「罪質、結果とも誠に重大。被害者に責められる点はなく、殺害行為は冷酷かつ残忍だ」とした。
その上で「反省の念や謝罪の意思を表明したことなど、酌むべき事情を十分考慮しても刑事責任は極めて重大で、死刑を是認せざるを得ない」と結論付けた。更生可能性や生い立ちには直接言及しなかった。

1、2審判決によると、元少年は元交際相手の少女(当時)を連れ戻そうと、後輩の元少年(殺人ほう助罪で有罪確定)と一緒に少女の実家に侵入。交際に反対していた少女の姉(当時20歳)と少女の友人女性(当時18歳)を牛刀で刺殺し、姉の友人男性に重傷を負わせた。【島田信幸】



<朝日新聞デジタル2016年6月13日より無断転載>
市民が加わった裁判員裁判で少年に言い渡された死刑判決について、最高裁が16日、初めての判断を示す。2010年に宮城県石巻市で元交際相手の姉ら2人を殺害、1人に重傷を負わせたとして、殺人罪などに問われた元少年(24)。上告審判決を前に10日、被告が仙台拘置支所で朝日新聞記者の面会に応じ、思いを語った。

 「二つの気持ちが交ざり合っていて、複雑です」

 被告は少し長めの黒髪で、ストライプのシャツに紺のベスト姿。時折考え込みながら、記者の目を見て話した。「大切な人を失った遺族の気持ちになれば、俺も同じ目に遭うべきだ、という怒りは当然だと思う。逆に、この6年、手を差し伸べてくれた人たちと積み重ねてきた日々を思うと、再起したいという気持ちもある」

 一、二審の判決などによると、被告は複雑な家庭環境で育った。母親から暴力を受け、食事を与えられなかったことも。「子どものころから、心の内を話せる相手はいなかった」

 拘置所では、弁護士や支援者と事件の原因を考えてきた。「他人が、こんな自分のために一生懸命になってくれる。俺にとっては、温かい時間だった」「傷つけられたから、自分が傷つけ返して、また傷つけ返されるというループ(連鎖)から、もう抜け出したい」

 ログイン前の続き拘置所で迎えた20歳の「成人の日」には、ラジオでニュースを聞きながら、殺害した元交際相手の姉が当時20歳だったことを考えた。「俺は姉ちゃんの年を越したんだな。生きていれば、どんな人生を送っていただろう」。自分が奪った命の重みを、初めて実感したという。

 命日には遺族に謝罪の手紙を出しているが、受け取ってもらったことはない。「当然だと思う」と被告は言う。「どんな判決でも、被害者と遺族のことを考えていくつもりだ」

■死刑適用、「少年」をどう考慮

 少年という事情は、死刑を適用するか判断する上でどう考慮されてきたのか。

 1968年に当時19歳の少年が4人を殺害した連続ピストル射殺事件(永山事件)で最高裁は、動機や結果の重大性、犯人の年齢など考慮するべき9要素を挙げ、「罪責が誠に重大で、やむを得ない場合に限って死刑が許される」とした。いわゆる「永山基準」だ。

 一方、99年に山口県光市で起きた母子殺害事件では、犯行時18歳の少年が受けた無期懲役判決を、06年に最高裁が破棄。「特に酌量すべき事情がない限り、死刑を選択するほかない」と述べた。専門家の間では、永山基準の「例外」と「原則」が逆転したとの受け止めが広がった。

 裁判員裁判で初めて少年に死刑を適用するかが争われた石巻の事件で、一審・仙台地裁の審理は実質5日間。それまでの少年事件に比べ、大幅に短縮された。裁判員の一人は会見で「人の命を奪った罪には、大人と同じ刑で判断すべきだと思い、心がけた」と述べた。

 最高裁で4月に開かれた弁論で、弁護側は「犯行時は意識障害があり、記憶がない。拙速な審理では、それが考慮されていない」と主張。「未成熟さが背景にある犯行は、死刑選択に慎重であるべきだ」などと訴えた。検察側は「少年だったことや不遇な成育環境を考慮しても、極刑で臨むしかない」と反論した。(市川美亜子、船崎桜)

 〈石巻市の男女3人殺傷事件〉 宮城県石巻市の男女3人殺傷事件 一、二審判決によると、18歳7カ月だった被告は2010年2月10日朝、無職の元少年=殺人幇助(ほうじょ)の罪で有罪確定=とともに、同市内にある元交際相手の元少女の実家に押し入り、元少女の姉(当時20)と、元少女の知人の女子生徒(当時18)を刃渡り約18センチの牛刀で刺して殺害。さらに、その場にいた元少女の姉の知人男性の右胸を刺して大けがをさせたうえ、元少女を無理やり車に乗せて連れ去ったとされる。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

不当な死刑判決

「不当な死刑判決」この一語です。
永山基準に照らし合わせると死刑判決は回避されるケースでした。
また、二昔前の日本なら、例え成人が起こした事件であっても、被告人の不幸な生い立ち等が考慮され死刑判決は回避されていたと思います。
今回の最高裁判決の大きな問題点は、更生可能性や生い立ちには直接言及しなかったこと。
これでは、公正な近代司法とはお世辞にもいえず、江戸時代の奉行所のお裁きと何ら変わりはありません。
常軌を逸した厳罰主義、重罰主義。
世界が死刑廃止へと向かう中、それに背を向け死刑大国、監獄国家へと驀進する日本の姿をまざまざと見せつけられる判決でした。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ユニテ

Author:ユニテ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。