スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

死刑のための殺人

【書評】『死刑のための殺人土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録』読売新聞水戸支局取材班/新潮社/1404円
 2008年3月、茨城県土浦市で2人が死亡し、7人が負傷するという連続通り魔事件が発生した。この事件の犯人、金川真広について私は誤解をしていた。自分がうまくいかないのは社会のせいだ。社会に復讐するため、不特定の人間を無差別殺傷する。その結果、自分が死刑になっても構わない、そういう心理なのだと思っていた。

 ところが金川の場合、本書を読む限り、人を殺すことは目的ではなくあくまで手段だ。 彼は高校卒業後、進学も就職もせず自宅に引きこもり、ゲーム三昧の生活を送るうち、退屈な現実世界への興味をなくしていく。死にたい。でも自殺は痛いからいやだ。それなら人を何人も殺せば、死刑という形で国家が自分を苦痛なくあの世に送ってくれる――そう考えたという。

 その通りだとすれば、前代未聞の“死刑のための殺人”である。この殺害動機に戦慄した読売新聞の記者たちは、金川と面会を始める。しかし彼は、被害者への謝罪どころか、「殺人は悪ではない」「早く私を死刑にせよ」とうそぶく。どこまでが本心でどこまでが強がりなのかはわからない。だが、その身勝手で無慈悲な石のような心に人間らしい温かい気持ちを呼び戻したい。生きたい、申し訳ないことをしたと思わせたい。青臭い正義感と思いつつも、記者たちはその一念で面会を続けた。その数、実に37回。本書は、特異な殺人者と記者たちとの魂の格闘の記録である。

 接触を続けるうちにわかってきたことがある。異様ともいえる家庭環境だ。外務省勤務の父とパート勤めの母。長男である彼の下に妹が2人、弟が1人。生活には余裕があり一見普通の家族だが、上の妹は母と一切口をきかず、用がある時は筆談をする。

 姉妹も互いに何年も口をきいていない。上の妹と弟は中学校から不登校だ。両親は理由を一切問いただそうとしない。その結果、互いの関係は冷え切ってばらばらだ。金川の砂漠のような心は、砂漠のような家庭環境から生み出されたものといっていいだろう。

 その金川も、2013年2月21日に処刑されもうこの世にいない。犯罪の抑止力になるはずの死刑制度が犯罪を生みだしてしまった衝撃。死刑を切望する人間を処刑することにはたして意味があるのかなど、本書は読者にいくつもの重い問いかけを迫る。そして、家族の絆の大切さを改めて考えさせる。

※女性セブン2014年7月17日号
【評者】福田ますみ(フリーライター)

死にたいから殺す、元死刑囚の証言から死を望む殺人犯の心理を読む ―なぜ彼らは自殺しないのか?
「自分で自殺できないから他人にやってもらおうということ」
 土浦連続通り魔事件の元死刑囚・金川真大(以下、金川)が、読売新聞記者との面会で語った内容の一部だ。

 先日、人工透析患者からチューブを引き抜いた医師が、殺人未遂で逮捕された事件が話題となった。報道によれば「死刑になりたかったので、誰でもいいから殺そうと思った」と語っていたという。事件報道でたびたび聞かれるが、そもそもなぜ、彼らが「自殺」を選ばないかという疑問が尽きない。

 よって、その理由を考える上でも、冒頭の発言も記された書籍『死刑のための殺人:土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録』(読売新聞水戸支局取材班/新潮社)にもとづき、読売新聞記者がたび重なる面会などを通して記録し続けた金川の証言の一部を紹介していきたい。

 そのためにまず、土浦連続通り魔事件を整理していく。事件は、2008年3月19日と23日の2日間にわたった。第一の犯行は土浦市内の民家で、パンク修理を装う中で玄関先に出てきた初老男性の隙を狙い、背後から首元めがけて包丁を突き刺した。事件直後に都内へ潜伏し、母親へ犯行をほのめかすメールを送り、警察へ挑発的な内容の電話を入れていた。

 そして、4日後。JR常磐線の荒川沖駅で、第二の犯行が起きた。黒い服にニット帽をかぶり、ゴム手袋をはめた金川は、改札付近を駆け抜けながら次々と通行人めがけてナイフを振りかざしていった。やがて駅付近の交番のインターホンでみずから「犯人」と名乗り出たのち、駆けつけた警察官によって逮捕された。第一の犯行を含めて、2名が死亡、7名が重傷を負う結果となった。

 それから約半年後の9月19日、読売新聞記者が金川の元を尋ねた。「ただ、つまらないから」と死にたい理由を語る金川だったが、自殺を選ばない理由を聞かれて「さすがに自分を傷つけるのは怖いので。切腹するにしろ、電車にひかれるにしろ、痛そうなので」と語った。さらに続く質問では、刺された人の痛みについては「分かる」としながらも、殺人そのものについて「悪じゃないですから」と言い切っていた。

 また、事件の翌年6月に行われた被告人質問でも、死刑に関わる証言を残している。弁護人から自殺を考えない理由を尋ねられた金川は「自殺は痛いので。失敗すれば、長く苦しむだけ」と語る一方、痛くない方法を調べたことは「ないです」と述べていた。そして、死刑になるため無差別殺人を選んだという金川だが、何人も殺さずとも死刑になれる制度があったらという質問には「その制度を利用します。自分でギロチンのボタンを押すより、他人に押してもらうほうが楽ですから」と答えたものの、社会への恨みや不満を聞かれると「ありません」と断言していた。

 さて、ごくわずかに抜粋したのみだが、金川の証言から読み取れるのは「死にたい」と心のどこかで切望しながらも、その意思を実行する積極性がみられないということだ。それは、死が痛みへ直結すると頭の中で解釈しながらも、痛みのない方法をみずから探し当てるほどの労力をかけていないという証言からも推測できる。

 このような動機が語られるたびに繰り返されるのは、身勝手だという批判や、死刑と同列に設けるべき刑罰とは何かという議論である。本来、刑事事件における最高刑として「死刑」が規定されている。しかし、犯行の動機が「死刑そのもの」である以上、例えば、貧困による強盗事件や怨恨による殺人事件と比べても、犯罪の起きた原因を探ることすら難しいようにみえる。凶悪事件を未然に防ぐために何をどう考えるべきか、いま一度振り返る必要もありそうだ。

ダ・ヴィンチ14.6.29より無断転載
文=カネコシュウヘイ
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ユニテ

Author:ユニテ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。