スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

少年事件の死刑 生きて償う選択肢も 市川美亜子

<朝日新聞デジタル・記者有論2016年9月1日より無断転載>

社会部・市川美亜子

 宮城県石巻市で2010年、当時18歳の少年が元交際相手の少女の実家に押し入り、少女の姉ら3人を殺傷した事件は、裁判員が裁いた少年事件では初めて死刑判決が確定した。千葉祐太郎死刑囚とは最高裁判決を控えた6月から、面会や文通を重ねてきた。確定日の2日後、誕生日だった7月2日に書かれた手紙には、こうつづられていた。

 「今日、オレは25歳になりました。もう死刑執行されるだけ、とされたオレだけど、自分を変える努力を続けます。最後まで、必ずです」

 一審・仙台地裁の裁判員裁判のころは「早く死刑になりたい」という思いでいっぱいだったという。「逃げたい。楽になりたい。今思えば、自殺みたいな理由だった」。考えを変えたのが、裁判中の6年間、支援者や弁護人と重ねた日々だった。

 母親から虐待された幼少期を振り返り、「人から傷つけられ、傷つけ返す連鎖から抜けだそう」と話し合った。「何があっても人を傷つけない人間になること」が生きる課題になった。弁護人は「自分の命を大切にしてくれる人に出会い、初めて奪った命の大切さを自覚した。6年かけ、やっと更生の道のスタート地点にたどり着いた」と説明する。

 だが、25歳の誕生日を前に、彼は社会から更生を期待されない存在となった。死刑囚が面会できるのは親族や弁護士らごく限られた人だけで、支援者らとの交流は、なかなか許されない。懲役囚と違って刑務作業も、矯正教育もない。

 従来、少年事件の死刑判断にあたっては更生の可能性が重視されてきた。光市母子殺害事件で06年、結果の重大性を重視して最高裁が無期懲役判決を破棄し、流れは変わった。今回の最高裁の判決文には更生の可能性について考察した箇所は一切ない。「更生は、死刑を回避すべき事情ではない」という意志を感じる。

 2人の命を奪った結果は、この上なく重い。当時18歳と20歳だった被害者が生きていれば20代半ば。仙台地裁で遺族は「娘の命を奪った加害者に未来を与えるのはあまりにも不公平」と訴えた。ある裁判員は「人の命を奪った罪は、年齢を問わず判断するべきだと思った」と話した。

 一方で、別の裁判員は地裁判決後、「どうすれば、この子のためになるのだろうか、と悩んだ」と打ち明けた。「死刑と無期懲役の間に、(仮釈放がない)終身刑があったら……」との思いも吐露した。

 千葉死刑囚には、手紙の言葉どおりに、最後まで自分を変える歩みを続けてほしい。ただ、彼を「生きる価値がない人間」として社会から消すことで何が生まれるのか、とも思う。取り返しのつかぬ罪を犯した人が、生きて悔い続けることによって罪を償うことを許す社会の可能性を、考えていきたい。

 (いちかわみあこ 社会部)
スポンサーサイト
line

希望79号

希望79号表紙

                希望79号 目次
 「ユニテ・希望」は、獄中の死刑囚が自ら投稿し、発行しているパンフです。スキャン画像をそのまま載せています。
 以下、表題部を一回クリックするとリンク先の記事のページが表示されるので、そのアドレスをもう一度クリックしてください。


 表紙 と 目次                  1  
恩赦と再審について             2  猪熊 武夫(東拘)
死刑確定者に対する差入れ品取扱一覧表  
闇路にさまよう修羅の日々(第9回)    6  伊藤 和史(東拘)
ボケボケ便り                    10  匿名(東拘)
燃え尽きるその日まで(第7回)    14  倉吉 政隆(福岡拘)
死刑囚・生きる勇気そして死に方(第13回)  16 澤地和夫
処遇基礎知識Q&A          20  猪熊 武夫(東拘)・他
国賠訴訟学習会                  26  猪熊 武夫
書信の発信制限への対処法          31 法テラス  
行政文書取得して                 32 猪熊 武夫
国賠の「期日報告書」               35 法テラス
「行政文書開示請求書」              37 猪熊 武夫
「行政文書不開示決定通知書」         38 法務大臣
「行政文書開示請求について(求補正)」 
  
                   39 東京矯正管区情報公開窓口
「矯正処遇官としての意義」       41 北谷 隆(岐阜刑)
「死刑を仮す際の明確な基準について」     43
詩 「心のおと」から「希望」へ           33  伊藤 和史
詩  「友達は魔法使い」 「何度 呼べば」「ねぇ君」  兼岩幸男
川柳                       兼岩 幸男(名古屋拘) 
イラスト  謝 依俤(東拘) 岩森 稔(東拘) M小野川(東拘)
編集後記                    51  編集部      


希望70号裏表紙

「希望」バックナンバー(クリックをどうぞ)
62号  63号  65号  66号  67号  68号  69号  70号  71号  72号  73号  74号  75号  76号  77号  78号    死刑囚・命と向き合う(ブログ)

line

石巻3人殺傷、元少年「二つの気持ち」 最高裁判決

石巻3人殺傷:元少年の死刑確定へ 最高裁が上告棄却
<毎日新聞 - 2016年6月16日より無断転載>
宮城県石巻市で2010年2月、元交際相手の姉ら3人を殺傷したなどとして殺人罪などに問われた当時18歳の元少年(24)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は16日、死刑とした1、2審を支持し、元少年の上告を棄却した。裁判員裁判で少年事件に死刑が適用された唯一の事件で、小法廷は「事件当時18歳7カ月であり前科はないが、深い犯罪性に根ざした犯行で死刑を是認せざるを得ない」と述べた。市民らが少年だった被告に死刑を選択した判決が初めて確定する。

1審・仙台地裁の裁判員裁判判決は、元少年が凶器を事前に準備していたことなどから「周到な計画を立てた」と認定、2審・仙台高裁も支持した。弁護側は上告審で「元交際相手の少女の姉に警察に通報されたことで頭が真っ白になった」と計画性を否定。未熟さや生い立ちも考慮して死刑を回避するよう求めた。

これに対し、小法廷は「邪魔する者は殺害も辞さないと思い定めた」と指摘。元少年の暴力から少女を守ろうとした姉や友人女性を次々に刺した行為を批判し「罪質、結果とも誠に重大。被害者に責められる点はなく、殺害行為は冷酷かつ残忍だ」とした。
その上で「反省の念や謝罪の意思を表明したことなど、酌むべき事情を十分考慮しても刑事責任は極めて重大で、死刑を是認せざるを得ない」と結論付けた。更生可能性や生い立ちには直接言及しなかった。

1、2審判決によると、元少年は元交際相手の少女(当時)を連れ戻そうと、後輩の元少年(殺人ほう助罪で有罪確定)と一緒に少女の実家に侵入。交際に反対していた少女の姉(当時20歳)と少女の友人女性(当時18歳)を牛刀で刺殺し、姉の友人男性に重傷を負わせた。【島田信幸】



<朝日新聞デジタル2016年6月13日より無断転載>
市民が加わった裁判員裁判で少年に言い渡された死刑判決について、最高裁が16日、初めての判断を示す。2010年に宮城県石巻市で元交際相手の姉ら2人を殺害、1人に重傷を負わせたとして、殺人罪などに問われた元少年(24)。上告審判決を前に10日、被告が仙台拘置支所で朝日新聞記者の面会に応じ、思いを語った。

 「二つの気持ちが交ざり合っていて、複雑です」

 被告は少し長めの黒髪で、ストライプのシャツに紺のベスト姿。時折考え込みながら、記者の目を見て話した。「大切な人を失った遺族の気持ちになれば、俺も同じ目に遭うべきだ、という怒りは当然だと思う。逆に、この6年、手を差し伸べてくれた人たちと積み重ねてきた日々を思うと、再起したいという気持ちもある」

 一、二審の判決などによると、被告は複雑な家庭環境で育った。母親から暴力を受け、食事を与えられなかったことも。「子どものころから、心の内を話せる相手はいなかった」

 拘置所では、弁護士や支援者と事件の原因を考えてきた。「他人が、こんな自分のために一生懸命になってくれる。俺にとっては、温かい時間だった」「傷つけられたから、自分が傷つけ返して、また傷つけ返されるというループ(連鎖)から、もう抜け出したい」

 ログイン前の続き拘置所で迎えた20歳の「成人の日」には、ラジオでニュースを聞きながら、殺害した元交際相手の姉が当時20歳だったことを考えた。「俺は姉ちゃんの年を越したんだな。生きていれば、どんな人生を送っていただろう」。自分が奪った命の重みを、初めて実感したという。

 命日には遺族に謝罪の手紙を出しているが、受け取ってもらったことはない。「当然だと思う」と被告は言う。「どんな判決でも、被害者と遺族のことを考えていくつもりだ」

■死刑適用、「少年」をどう考慮

 少年という事情は、死刑を適用するか判断する上でどう考慮されてきたのか。

 1968年に当時19歳の少年が4人を殺害した連続ピストル射殺事件(永山事件)で最高裁は、動機や結果の重大性、犯人の年齢など考慮するべき9要素を挙げ、「罪責が誠に重大で、やむを得ない場合に限って死刑が許される」とした。いわゆる「永山基準」だ。

 一方、99年に山口県光市で起きた母子殺害事件では、犯行時18歳の少年が受けた無期懲役判決を、06年に最高裁が破棄。「特に酌量すべき事情がない限り、死刑を選択するほかない」と述べた。専門家の間では、永山基準の「例外」と「原則」が逆転したとの受け止めが広がった。

 裁判員裁判で初めて少年に死刑を適用するかが争われた石巻の事件で、一審・仙台地裁の審理は実質5日間。それまでの少年事件に比べ、大幅に短縮された。裁判員の一人は会見で「人の命を奪った罪には、大人と同じ刑で判断すべきだと思い、心がけた」と述べた。

 最高裁で4月に開かれた弁論で、弁護側は「犯行時は意識障害があり、記憶がない。拙速な審理では、それが考慮されていない」と主張。「未成熟さが背景にある犯行は、死刑選択に慎重であるべきだ」などと訴えた。検察側は「少年だったことや不遇な成育環境を考慮しても、極刑で臨むしかない」と反論した。(市川美亜子、船崎桜)

 〈石巻市の男女3人殺傷事件〉 宮城県石巻市の男女3人殺傷事件 一、二審判決によると、18歳7カ月だった被告は2010年2月10日朝、無職の元少年=殺人幇助(ほうじょ)の罪で有罪確定=とともに、同市内にある元交際相手の元少女の実家に押し入り、元少女の姉(当時20)と、元少女の知人の女子生徒(当時18)を刃渡り約18センチの牛刀で刺して殺害。さらに、その場にいた元少女の姉の知人男性の右胸を刺して大けがをさせたうえ、元少女を無理やり車に乗せて連れ去ったとされる。
line

死刑は世論が支持している? 研究者「神話」と指摘

<朝日デジタル2016年3月10日>
死刑制度は国民世論の8割に支持されている――。日本社会に広がるそんな認識について、それは「神話」だと指摘する論考が発表された。実証的な調査によって「8割」の内実に光を当てている。

 死刑に関する日本の世論について調べたのは、英国在住で英レディング大学講師(犯罪学)の佐藤舞さん。論考「世論という神話」を、雑誌「世界」3月号に寄せた。

 政府が死刑継続の主な理由としてきたのが世論だ。内閣府による昨年1月発表の世論調査では、「死刑は廃止すべきである」「死刑もやむを得ない」の2択で、前者が9・7%、後者が80・3%。当時の上川陽子法相は「(死刑制度に)肯定的な結果が示された」と会見で語った。

 佐藤さんは昨年2~3月、ミラー調査と呼ばれる手法で世論の内実に迫った。政府調査と似た条件で調査を行い、そこに独自の質問も盛り込むことで、より深く国民意識に迫る試みだ。対象人数は内閣府と同数の3千人で、1551人(52%)から回答を得た。

 死刑の存廃については、2択ではなく5段階で尋ねた。結果は「絶対にあった方が良い」が27%、「どちらかといえばあった方が良い」46%、「どちらともいえない」20%、「どちらかといえば廃止すべきだ」6%、「絶対に廃止すべきだ」が2%だった。

 ログイン前の続き取材に対し佐藤さんは、「確かに存置派が多い半面、絶対にあったほうがいいとする熱心な存置派は27%にとどまってもいる。世論は必ずしも死刑制度を強く支持しているわけではない」と語った。

 調査では、政府が主導して死刑廃止を決めた場合に国民が受け入れるかどうかも探った。「政府の決めたことなら、不満だが仕方ない」という受け止め方が広がると考える人は、存置派のうち71%に上っていた。死刑制度の将来を誰が決めるべきかについては、世論に基づくべきだとする人が40%、政府などの国家機関や専門家が決めるべきだと考える人が40%だった。

 「日本には死刑廃止を受け入れる余地があることが分かった。また国民は、必ずしも存廃が世論で決められるべきだとも考えていなかった」と佐藤さんは話す。

 死刑問題に詳しい河合幹雄・桐蔭横浜大学教授(法社会学)は「死刑論議の焦点を押さえた優れた調査だ」と評価した。欧州各国で死刑廃止が進んだ際の典型が実は「世論では存置派が多い中、政府が主導して廃止する」パターンだったと指摘。「そのとき政府の決断を支えた一つの背景が『存置派は多いが強い支持ではない』という現実だった」という。(編集委員・塩倉裕)

■考え悩む姿追う

 佐藤さんが2014年に行った、別の意識調査を追うドキュメンタリー映画がある。各地で上映中の「望むのは死刑ですか 考え悩む“世論”」(長塚洋監督)。

 20~68歳の男女135人が2日間、死刑制度について学び、12グループに分かれて討議する。その前後の意識の変化に注目する内容だ。「存置」「廃止」という基本的な態度こそ変えなかった人にも、別の立場を柔軟に理解しようとする質的変化(心情の揺らぎ)が現れることが分かる。
(磯村健太郎)
line

「死刑は殺人」 元裁判員苦悩

<朝日新聞デジタル 2016年4月22日より無断転載>
 「執行されたことは、いまでも信じたくない」――。川崎市でアパートの大家ら3人を刺殺した津田寿美年(すみとし)・元死刑囚(当時63)に昨年暮れ、死刑が執行された。2009年に始まった裁判員制度の対象事件では、初めての執行。5年前、死刑の判断に加わった元裁判員が執行後初めて、重い口を開いた。

 「死刑がひとごとではなくなってしまった。一般市民が人の命を奪う判決にかかわるのはきつい」。神奈川県横須賀市在住の元裁判員、米澤敏靖さん(27)は心の内を明かした。
 思い出したくないのに、フラッシュバックのようによみがえってくる。4カ月前に東京拘置所で刑を執行された津田元死刑囚の顔だ。「法廷での無表情な顔が、浮かぶんです。最期はどんなことを思ったのだろうかと考えてしまう」

 津田元死刑囚に、検察の求刑通り死刑が言い渡されたのは、11年6月17日。米澤さんは当時、大学4年生だった。「判決は遺族感情や被告の生い立ちを十分に考慮した結果。自分のやったことを反省し、真摯(しんし)に刑を受けてもらいたい」。判決後の会見でそう話した。死刑制度はあった方がいいし、死刑にせざるを得ないケースもあると思っていた。

 翌月、津田元死刑囚が控訴を取り下げ、判決が確定。「悩んで出した結果を受け入れてくれた」と感じて、ほっとした。
 まもなくして、裁判員の経験を話した親しい友人にこう問われた。
 「人を殺したのか?」

 胸を突かれた。考えてもいないことだった。死刑は誰かが実行する「最も重い刑」という認識で、間接的にでも自分がかかわって「人を殺す」という意識はまるでなかった。
 「本当によかったのだろうか」。振り払っても振り払っても疑問がわき上がった。つらかった。心にふたをし、忘れようとした。
 だが、死刑が執行されたというニュースが流れると、そのたびにびくびくし、津田元死刑囚の名前がないか探した。見当たらないと、人知れず安堵(あんど)した。

 そんな中での、昨年12月18日の執行。「現実として受け入れることができなかった。自分が執行を信じなければ、津田さんがまだどこかで生きていると思えるかも、と」。取材依頼が殺到したが、応じなかった。何も話したくなかった。卒業後に就職した会社の仕事に没頭した。

 ■「執行、いまも信じたくない」
 それから4カ月。「信じたくない」という気持ちは変わらない。だが、津田元死刑囚はもうこの世にはいない。「死刑は、法という盾に守られた殺人行為に変わりない」。我がこととして悩み、苦しむうちに、いまは死刑反対の気持ちが強くなった。一昨年には、ほかの裁判員経験者らと20人で、死刑についての情報を公開し、国民的議論を促すことや、それまでの刑の執行停止を法相に求めた。

 「僕らが要請しているにもかかわらず、執行していることに憤りを感じる。津田さんを皮切りに、裁判員裁判による死刑判決がバタバタと執行されていくのではないか」と危機感を抱く。
 自分と同じ思いをする人が出ないためにも声を上げる必要があると、今回、実名で取材に応じた。「話し合いの場をもつなど、立ち止まって考えてほしい」

 人の命を奪う判断にかかわったという事実は、一生消えることはない。向き合い続けなければならない現実だ。「もう二度と裁判員はしたくない」。いつもは物静かな米澤さんが、少し強い口調でそう言った。
 津田元死刑囚のほかに、裁判員裁判を経て9人の死刑がこれまでに確定している。(編集委員・大久保真紀)

 ◆キーワード
 <裁判員裁判と死刑> 裁判員が加わるのは刑事裁判の一審で、殺人や強盗致死傷などの重罪事件が対象。裁判官3人と裁判員6人が有罪か無罪かを議論し、有罪なら次に量刑を決める。全員が一致しなければ、多数決。裁判官1人以上を含む5人以上が賛成した刑に決める。裁判員は評議の経過や多数決の結果などは守秘義務が課せられているが、感想は語っても構わない。

 市民が死刑の判断にかかわることについては、制度導入前から危惧する声があった。最高裁は裁判員の精神的負担を考え、カウンセリングなどを紹介する窓口を設けている。世界的にみると死刑の判断に市民がかかわるのは珍しい。欧州などでは死刑が廃止されている。死刑を廃止する州が増えている米国では、陪審員は原則として量刑は決めないが、死刑の場合は全員一致して「死刑相当」と事実認定しなければ判決は出せない。

「希望」バックナンバー(クリックをどうぞ)
62号  63号  65号  66号  67号  68号  69号  70号  71号  72号
73号  74号  75号  76号  77号  78号目次へもどる       死刑囚・命と向き合う(ブログ)
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ユニテ

Author:ユニテ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。